デッサンを楽しみながら養う方法!!

 
 

どうも、ホセです。
 
 
 
 
漫画家を目指そうと思った時
どうしたらなれるのかとか
調べたりしたことがありますよね?

f:id:housei2023:20170404190128j:plain

 
 

『漫画の描き方』
 
『漫画 影つけ』
 
『漫画 上達法』
 
 
 
 
などで検索したことが
ある人ならわかるはずです。
 
 
 
漫画家になるには
 
 

デッサン力を
養わなければいけません。

f:id:housei2023:20170318150210j:plain

 
 
 
では、
 

『どうやったらデッサン力を養えるの?』
 
 
と思うはずです。
 
 
デッサンというものは
作画力とは少し違うのです。
 
 
なぜかというと
漫画でいうデッサンは
 

いわゆる下書きや
人物の骨組みのようなもの
だからです。

f:id:housei2023:20170418125447j:plain

 

なので
デッサン力があれば
 

デッサン狂ってるね
 

と言われたり
 

どんなに絵が下手でも
そのデッサンの上に
絵を描けば
 
 
パースや骨組みが
しっかりしてるので
 
 
絵に違和感がある
下手な感じにみえる
 
 
ということがなくなるのです。
 
 
 
そしてここからが
重要なことです。
 

ではかっこいいデッサンが
描けるようになるには
どうするの?

f:id:housei2023:20170317174849j:plain

 
 
ひたすら人物の
デッサンをすれば
良いのでしょうか?
 

参考書を見まくって
練習するしか
ないのでしょうか?
 
 
 
 
そんな時間も
余裕もないあなた!
 
 
 

安心してください!
 
 
 
 
あなたがすべきことは
絵を描くことではありません!
 
 
 
 
 
 
ただ見ることです。

f:id:housei2023:20170325233349j:plain

 
 
 
『は?何言ってんの?』
『そんなこと聞きたくて
このブログ見てるんじゃない!』
 
 
とあなたに
怒られたかもしれませんが
 
 
本当に見るだけなんです。
 

では何を見るのか?
 
 
それは
 

自分の体です!
 
 
見るというよりは観察です。
 
 
 
関節や筋肉が
どうつながっているのかを
観察してください。
 
 
 
手が描けない!
 

という人がよくいますが
 

そういう方こそ
想像で描く人が多いのです。

f:id:housei2023:20170331160846j:plain

 
 
なのでまずは
自分の描きたいところ
 

手や足などを
よく見ることです!
 

自撮りでも構いませんが
左右が逆になるので
そこだけ気にすれば
問題ありません。
 
 
そこから、
写真をトレース
(写して描く)のも
いいと思います。
 
 
ぜひ試してください!!
 
 
それではまた!
 
 
 
 

ホセ。