読者を飽きさせない『山場』スポット!!

 

うも、ホセです。
 
 
今回は、プロットの作り方について話していきます!
 
 
 あなたは、プロットがどういうものか
ご存知ですか?

f:id:housei2023:20170317174849j:plain

 
 
・漫画の説明書みたいなもの
 
・漫画のあらすじ
 
・登場人物を考える作業
 
 
こんなイメージを持っていると思います。
 
 
このように、プロットをもとに
トーリーを作っていく作業になります。
 
 
では、そのストーリーの
あらすじを描くということはどういうことなんでしょう?
 
 
簡単に言うと、

起承転結です。
 

『そんなことしってるよ』

『ホセさんも結局、
同じことしか言わないんですね』
 
 
と言われてしまうでしょう。
 

では、漫画家なら読者を飽きさせないために
そのストーリーに山場を作らなければなりません。
 
 
山場を作ることによって読者が、
 
『この後どうなるの?!』
f:id:housei2023:20170429172042j:plain
 

となるわけです。
 
 
ここで必要なのは、
 

・『街で事件が起こる』

・『主人公がピンチになる』

・『ヒロインがさらわれる』
 
 
「今いいところなのにっ」
 
っていう経験ありますよね!
 
 

しかし、あなたがもし、
32ページの漫画を描いていて、

山場が1つしかなかったら
次が読みたいとはならないでしょう。
 
 
1ページごとにピンチになる訳にもいきません。
 

『では、何ページごとに山場を入れれば、
読者を飽きさせないで、描くことができるでしょうか??
 
f:id:housei2023:20170331160846j:plain
 
 
A.7〜8ページです!
 
 

なぜこのページ数なのでしょう??

 


これは悪魔でも目安ですが、
 
もちろん話が面白くて、続きがきになるように
描けるのが1番です。
 
 
ただいきなりそんな漫画が描けるなら、
このブログを見る必要はないですよね?
 
 
だからまず、
マニュアルを
頭にたたきこむのです!
 
 
 
コンビニ店員だって
いきなりレジに立たないですよね??
 
 
まずは、店のマニュアルを知るところからです。
 
 
一番いいのは1週間で、
8ページのネームを最低1つは描くことです!
 
 
いきなり大きい作品を作ろうとすると、
慣れていないので
 
 
・支離滅裂で話が分からない
 
・やる気が出なくて諦めてしまう
 
・ネーム直しに時間がかかる
 
 
そんな人に限って、自分の固定概念を捨てられないのです!
 
 
僕は友達がここで諦めてしまうのを
何度も見てきました。
 
 
なので、これから漫画家を目指すあなた!
 
 
今どんなに描きたい作品があっても
繰り返し練習するべきです!
 
 
今では天才と呼ばれた井上雄彦さんだって
当たり前のように連載を打ち切られていたんです!
 
 
天才は生まれた瞬間から
天才ではないということです!
 
 
これを繰り返していくことで
話の展開や漫画の構成が浮かんで来るようになります!
 
 

なので、ページ数が決まらないと言う方も
8の倍数を意識して、
 
 
『山場』スポット

をいれて描くようにして見てください。
 
 

そうすれば必ず、

『面白いネーム』
 

がすぐ描けるようになります!
 

それではまた。
 
 
 
ホセ。