読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネームを最後に描く方法!!

 
 
うも、ホセです!
 
 
今回はネームの描き方について
話していこうと思います。
 
 
あなたはネームというものに
どういうイメージを持っていますか?

f:id:housei2023:20170317174849j:plain

 
 
『漫画を描く前の下書き!』
 
『漫画のざっくりしたイメージ』
 
 
など様々あると思います。
 
 
しかしこのネーム作業を
甘く見ているあなた!!
 
 
このまま漫画家を目指して、
どんなに絵が描けたとしても
 
 
まず、成功することはありません。

f:id:housei2023:20170318145025j:plain

 
 
100%断言できます!
 
 
『絵が描ければ漫画家になれる』
と思っているなら
 
 
あなたはもう
救いようがありません。
 
 
『なんでそこまで
言い切れるんですか?』
 
 
と言われると思います。
 
 
あなたが知らないところで
漫画家はこのネームに
毎日のように困らされているです。。
 
 
なぜなら、
 
 
ネームが面白くないのに
出来上がったものが
面白いはずがないのです!!

f:id:housei2023:20170401170306j:plain

 
 
あなたはネームを
 
 
・雰囲気
 
・思い付き
 
・ざっくりしたイメージ
 
 
などで、描いてはいませんか??
 
 
もしそうなら、今これを見てやり方を変えてください!
 
 
あなたは普通の企業に就職するわけじゃないですよね?
 
 
漫画家になりたいから、この記事を見ているはずです!
 
 
なのであなたが今、どういう立場にいるのかを
知っておく必要があります。

f:id:housei2023:20170404174746j:plain

 
 
例えば映画監督なら
 
 
映画作成の際に
 
・映画作成の際に出演者を決める
 
・俳優の演技指導
 
・様々のコンテンツを駆使して撮影して、
 編集などの指揮をとる
 
・すべてを統一させて
 1つの作品にする
 
 
などです。
 
 
あなたが漫画家になりたいなら
出演者を選ぶのではなく
1から作らなければいけません。
 
 
 
漫画のテーマも自分で考え
コンセプトも決めます。
 
 
だから非常に
リアリティーが出にくいのです。
 
 
だから難しい。
 
 
しかし安心してください!
 
 
たくさんやることがあるように見えますが
 
 
漫画はネームが命なので
 
 
ネームさえマスターしてしまえば
向かうところ敵なしです。

f:id:housei2023:20170404190509j:plain

 
 
なので諦めずに
最後まで見てください。
 
 
 
 
 
ではネームの描き方について
紹介していきます!
 
 
 
=======================================================
 
 
((作品の全体像を
明確にイメージする))

f:id:housei2023:20170325233349j:plain

 
 
・これはあなたが作品を作る上での
 
『ルール』
を決めるということです!
 
 
 
・何ページの漫画なのか
 
・テーマ(何を題材にした物語なのか)
 
・キャラクターは何人でてくるのか
 (目安は3人です)
 
・男なのか女なのか
 
・見せ場はどこなのか
 
・ストーリーをなるべく細かく
 (描く前にセリフも決めておきましょう)
 
 
『ちょっと多い気がしません?』

f:id:housei2023:20170404180946j:plain

 
 
確かにちょっと多いです。
 
 
しかしこれができなければ
全くリアリティーがなくなってしまいます。
 
 
『何を言ってるんだ?』状態です。
 
 
それを避けるためにも
必ず必要な事なので
まずはチャレンジしてみましょう!
 
 
あくまでも1話完結の目安です。
ルールはこれ以外にも
追加しても構いません。
 
 
※ここで注意事項があります
 
 
『世界観で描かない』ことです!

f:id:housei2023:20170404174915j:plain

 
 
これは誰もがやってしまいがちな
大きなミスです!
 
 
どういうことかというと
無駄に
「これはこういう世界です」
と説明してしまうことです!
 
 
もちろんですが
世界観はキャラクターに
言わせてもいけません!
 
 
ギャグならともかく
ただの変な奴です(笑)
 
 
世界観こそ
絵で表現するのです!

f:id:housei2023:20170325232333j:plain

 
 
ドラゴンボールならかめはめ波を打つことで
『気』という存在が分かります。
 
 
悟空が
『気というものはためることで・・・』
 
みたいに言い出すと
 
 
読者がキャラに
感情移入できない
漫画になってしまいます。
 
 
そのほかにも、世界観から描くと何がいけないのか?
 
 
世界観を重視してしまうと
 
 
・セリフが多くなる
 
・キャラクターが目立たなくなる
 
・単純に読者が求めていない
 
 
デメリットだらけです!
 
 
あくまでもキャラの動きを
利用することを意識しましょう!

f:id:housei2023:20170331160422j:plain

※画像はドラゴンボールから抜粋

 
 
読者が求めているのは、
 
 
例)主人公がスカッと敵を倒すところだったり、
(少年漫画)
 
見たこともない変な奴が
面白いセリフを吐いたりアクションを起こす。
(ギャグ漫画)
 
 
などといったものを求めているんです!
 
 
世界観を知ったところで
 
 
『へ~それで?』
 
と言ってあなたの漫画を閉じてしまいます。
 
 
まず世界観を題材にした漫画で売れているものは
1つだってありません!
 
 
では、『ルール』と、
 
※注意事項を意識して取り組んでみてください!
 
 
最後までありがとうございました!
 
 
おススメの記事はこちらから↓↓
 
 
ホセ。
 
 
最近、ライン@を始めたので、
追加よろしくお願いします。
 
 
こちらから、追加よろしくお願いします↓↓

f:id:housei2023:20170430201307j:plain