読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超絶簡単!あなたが漫画家になるために必ず必要な『ダブル擬人化メソッド』

どうも、はじめましてホセです!

 

 

 

 

あなたは今、

 

 

『漫画家志望と言うだけで友達に馬鹿にされる』

 

『仕事やバイトがあってなかなか漫画を描く時間がない』

 

『専門に行くか、美大に行くかで迷っている』

 
 
 
 

 

 

 

という様々な悩みを抱えていると思います!

 

 

そんな悩みはあなたの日頃のストレスになって

漫画を描いている時ですら考えてしまう

 

 

そんな状態になっているんじゃないでしょうか?

 

 

そのストレスはいずれ

人間関係にも亀裂を生みだしかねません。

 

 

例えば

 

最初は応援してくれた友達から

「まだ漫画家なんて目指してたの?」と言われ

だんだん距離を置かれるようになる

 

バイト先で

「どうせ暇でしょ?」と言われ

シフトをたくさん入れられる

 

 

そしてどこかのタイミングであなたの

ストレスの受け皿がストレスを受けきれなくなって

暴言を吐いてしまい

 

 

友達の中で

『ヤバいやつ』というレッテルを張られ

 

 

バイト先では気まずくなったあなたは

バイトをやめざる負えないでしょう。

 

 

友達に変えはありませんし、

バイトを新しく始めるという勇気も出ないはずです。

 

 

人間はコミュニケーションをとる場をなくすと
喋ることを忘れてしまう生き物です。
 
 
スポーツをやってて
2、3日休むといつも通りのプレーが
できないことと一緒です。
 
 
そんなあなたに恋人ができるはずもなく
 
 

あなたが漫画家になるのは不可能です!
なんのために生きてるのかわからなくなってしまいます。
 
 

しかしあなたは偶然にもここまで記事を読んでいます。
そんなあなただけに紹介したいと思います。
 
 
この記事を読めばあなたの人生はガラリと変わります!
 
 
 
 
 
 
漫画家になるということは
あなたのファンだってできます!
 

今までの自分とはおさらばして
自分に誇りすら持つようになります!
 

『そんなことが本当に可能なんですか?』
 
『そんなうまい話があるはずがない』
 

あなたはそう思ったはずです。
 

ですがこれが可能なんです!
そんな僕が漫画家を目指すあなたに紹介するのが
 

【ダブル擬人化メソット】
です。
 

漫画家になって友達を見返したいあなた必見のメソッドです!!
 
 
 
 

==================================
 
 
 
 

[ダブル擬人化メソット]
 
 
 
 
 
これは漫画を描いているときに
読者の目線を作るという事です。
 
 
『たったそれだけ?』
 
『それになんの意味があるんだ!』
 
 
と言われるかもしれませんが
 

これはあなたに担当編集がいなくても
読者が求めている漫画を描くために最も重要なことです。
 

描きたい漫画を描いて誰からも評価なんて受けたくないという方には向いていないのでブログを閉じてください。
 

なぜそんなに重要なのか、
簡単なことです。
漫画家とは
 

読者なしでは成立しないものだからです!
 

結果的に読者が求めていない展開や
自分の中だけで盛り上がって
読者が置いてけぼりになってしまっては
意味がありません。
 
 
これは別に
「好きなものを描いてはいけない」
といっているわけではありません
 
 
読者面白いと思うものの中で
好きなものを描くということです!
 
 

『そんなことしたら描くことに集中できないじゃないか!』
 
 

もちろん漫画のキャラになりきって
作品に入り込むことはとても大事なことです。
 
 

ただ薄っすらと頭の片隅に
読者の気持ちを忘れずに
描くということです。
 
 
 
 
 
 

これができれば
あなたは絵が全く描けない状態で持ち込みに行っても
必ずいい評価をもらうことができます!
 

どうか信じてやって見てください。
 
 
 
ホセ。