読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者をあなたの漫画の中毒にさせる方法!!!

読者をあなたの漫画の中毒にさせる方法!!!
 
 
 
 
 
 

どうもホセです!
 
 
 
 

今回は読者を
あなたの漫画の中毒にさせる方法について
話していきます。
 
 
実際どのように
中毒になるのか

具体的にいうと
読者が
 

気づいたら
時間を忘れて読んでいた!
 
 
また続きを読みたい!
 

という現象のことです。
 
 
 
 
 

この方法を覚えれば
読者の感情を自由自在
に操ることができます。
 

この現象は
必然的に起こすことが可能なのです!
 
 

ではどうやって引き起こすのか?
 
 
あなたも聞いたことがあると
思いますが、
 
 
視線誘導です!
 
 
 
 
 

『そんなことしってるよ!』
『そんなこと聞くために
このブログを見ているんじゃない!』
 

と、怒られるかもしれません。
 
 
しかしあなたは
この視線誘導をどのように
とらえていますか?
 

おそらく
 

コマを斜めに描いたりして
それを視線誘導だと
思っていませんでしたか?
 
 

確かにそれも
一種の視線誘導の
テクニックだと思います。
 
 
しかしそれだけでは
あなたの漫画を読んでも

読者は作品の内容に
入り込むことはできないのです。
 
 

そこで今回紹介するのは
飴と鞭の法則です!!
 
 
このメソッドは
誰でも簡単に
使いこなすことができます!
 
 

自分のやり方でやるという方は
自力で頑張って下さい。
 
 

==============================
 
 
 
読者をあなたの漫画の中毒にさせる方法!!
 
 
 
 

読者を中毒にさせるとは
どういうことなんでしょう?
 
 
 
 
それは飴とムチです!
 
 
 
 
 
これは読者のストレスを
最低限抑えて読ませる
方法です!
 
 
『読者に飴とムチを
与えてどうするの?』
 

と思ったはずです。
 

読者に与えるのでは
ありません。
 
 
あなた自身に与えるのです。
 
 
漫画を描いてて
締め切りが間に合わない時

最後の方が
雑になってしまうという
経験ありませんか?
 

まずは

手を抜く時と
抜かない時
 
 
これを決めるのです。
 

具体的にどうするのかというと
 
 
 

このように
キレイに並べて
描くのではなくて
 
 
あなたの絵の
見せたい部分だけを
中執するイメージです!
 
 
 

このようにします。
 
 
そうすることで
右下に視線が
集まるのがわかりますよね?
 
 
漫画でもこのように
視線を集めて行きます!
 
 
しかし実際これだけでは
わからないと思います。
 
 
なのでまずは
簡単なドリルをや
って欲しいのです!
 
 
誰にでもできるので
チャレンジして見てください。
 
 
 
 
まずあなたの
携帯のカメラで
一枚写真を撮ってください!
 

その写真の中で
1番視線が集まるところを
探すだけです!
 
 
これを一日一回
やるだけで

あなたの漫画が
ガラリと変わり
 
簡単にこのテクニックを
身につけることができます!
 
 
 

どうか試して見てください!
 
 
 
 
 
 
ではまた。
 
 
 
 
 
 
 
 
ホセ。