読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読者が求めるキャラクターの作り方

どうも、ホセです!
 
 
 
 
あなたはどんな漫画が
売れているかご存知ですか??
 
 
「ワンピース」
 
 
たくさんの作品がある中で
話や世界観、内容が
 
 
全く違うのに、
 
 
この中には1つも決定的な
共通点があります!
 
 
それは、
 
 
 
 
キャラクターが
特徴的だということです!!
 
 
 
 
 
純粋だがおこると悟空。
 
 
ワンピースだったら
海賊王を目指す海賊船
船長のルフィ。
 
 
デスノートだったら
全国模試日本一の実力を持った
犯罪者の夜神明。
 
 
どれも個性的なキャラクターで
それぞれには様々な
魅力があると思います。
 
 
しかしこのキャラクター達を
参考にして描いても決して漫画は
うまく描けるようにはなりません!
 
 
おそらくほかの漫画を
参考にして作った作品なら
きっと
 
 
 
『どこかで見たことあるね』
『ありきたりなんだよね』
 
 
 
と言われてしまいます。
 
 
 
 
 
 
『じゃあなんでこんな話したんだ』
『ここまで聞いた意味が
ないじゃないか!』
 
 
と怒られるかもしれません。
 
 
 
 
ではどうしたら
魅力的で読者を
ひきつけられるのでしょうか?
 
 
何が大事かというと
それは、
 
 
 
 
キャラクターの
リアリティーです!!
 
 
 
 
 
つまり読者が
どれだけ感情移入しやすい
漫画なのかということです!
 
 
読者は共感できないものに
お金を払おうとは思わないのです!
 
 
 
なので、
 
 
 
『魅力的なキャラクターが
描けるようになりたい!』
 
 
 
というあなた!
 
 
 
今回紹介するのは
 
 
 
『どら焼きメソットです!』
 
 
 
実際どういうものなのか
説明していきたいと思います!
 
 
 
 
 
『どら焼きメソット』
とは??
 
 
 
 
 
 
その1
 
 
まずあくまでも参考ですが
漫画に出てくるキャラクターは
 
 
メインキャラは
3人から4人と
言われています。
 
 
その中の主人公を
決めるときですが、
 
 
このどら焼きメソットでは
主人公が親友と
 
 
1つのどら焼きを
2人で分けるとします。
 
 
そこでどら焼きを
半分にしたとき
 
たまたま割れた割合が
6対4になったとします。
 
 
この場合あなたの主人公なら
どんな行動に出ますか?
 
 
というものです!
 
 
これは普段主人公の性格が
どのようなものなのかを
知るために行います!
 
 
もし主人公が
あなただった場合、
 
 
あなた自身なら
どうするのか?
 
 
という観点で
考えてもいいでしょう!
 
 
その2
 
 
先ほどその1で
主人公の
「普段の性格」
明確にしたと思います。
 
 
今度は主人公の感情が
揺さぶられたとき
 
 
・親友がいじめられているとき。
 
・好きな子がさらわれたとき。
 
・冷蔵庫に入れておいた
大好物のプリンを
食べられたとき。
 
 
 
 
このような内容を
あなたの主人公に
当てはめていきます!
 
 
できれば設定は
 
 
親友が~したらという形で
考えてください!
 
 
大体10個ほど
考えてみてください!
 
 
なぜここまで
細かくしなければ
いけないかというと
 
 
先ほども言いましたが
 
 
主人公の
リアリティーを出すためです!
 
 
『このキャラは
何を考えているんだろう?』
 
 
と読者に考えさせた
時点でその漫画は
読まれなくなってしまいます!
 
 
 
 
読者は漫画の世界に
気持ちよく感情移入したいのです!
 
 
みんなで楽しく
遊んでいるときに
友達が急に泣きだしたら
困りますよね?
 
 
『え?なんで?』
となるはずです。
 
 
それと一緒で
あなたの漫画に
 
 
 
大きな矛盾が
生まれてしまうのです!!
 
 
 
 
『このキャラクターは
こんなこと言わない!』
 
 
となってしまうのです。
 
 
 
 
 
なので
軽いトレーニングとして
 
最後に簡単な
ドリルをやってみましょう!
 
 
あなたが最近読んだ
漫画の主人公を
思いだしてください!
 
 
どんなキャラクター
だったでしょうか?
 
 
もしそのキャラクターが
親友と、どら焼きを半分に
分けるとします。
 
 
しかし半分に割ったはずが
そのどら焼きは6対4の
割合になってしまいました。
 
 
その主人公は素直に
親友に6の方を渡しますか?
 
 
それとも
何かしらの方法で
 
4を親友に
つかませますか?
 
 
 
 
 
あなたの答えを聞かせてください。
 
 
 
 
 
それではまた!
 
 
 
 
 
 
 
ホセ。