読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピード感を出すアタリの正しい活用法

 

 

うも、ホセです。

 

 

今回は、とある質問をいただいたので、

それについて話していこうと思ます。

 

 

『スピード感を出すには、

どうしたらいいですか??』

f:id:housei2023:20170506112728j:plain

 

 

これは、動きのある漫画を描く人なら、

一度は悩んだ経験があると思います。

 

 

まず第一に、止まっている絵でスピード感を出すと

考えただけで難しそうですよね??

 

 

しかし、そんな悩みも吹き飛ばすくらい簡単な方法を、

ご紹介していこうと思います。

 

 

 

「スピード感が出ない」と悩んでいる人は、

結構、真面目な人が多いと思います。

f:id:housei2023:20170401174038j:plain

 

 

『どういうこと??』

 

『それが関係あるの??』

 

 

と、思うかもしれませんが、

 

超、関係あります!!

 

 

真面目といっても、絵に関しての話です。

 

 

もっと掘り下げて言うと、

 

アタリをしっかり描きすぎている

f:id:housei2023:20170404174915j:plain

 

 

ということです。

 

 

 

では、何をすればいいのでしょうか??

 

 

とても簡単なことです。

 

 

アタリをもっと雑に描けばいいのです。

f:id:housei2023:20170418125447j:plain

 

 

『そしたら、ペン入れするとき難しくない??』

 

 

と、思うかもしれませんが、

 

それは、違います。

 

 

雑に描くことによって、スピード感は簡単に演出できますし、

 

なにより、アタリに時間を描けること自体が、

時間の無駄なのです。

f:id:housei2023:20170406123901j:plain

 

 

アタリなんてささっと終わらして、

ペン入れの練習した方がいいに決まってます!

 

 

なので、ここからは実際にあなたがやるべきことについて、

話していこうと思います。

 

 

 

どのように、アタリをとるのでしょうか??

 

 

ステップごとに説明していきます。

 

 

ステップ①

消しゴムを使わない

f:id:housei2023:20170404185759j:plain

 

 

『間違ったらどうするんですか??』

 

 

と聞かれると思いますが、

これには、ちゃんとした理由があります。

 

 

それは、

 

消しゴムで消している間にあなたの絵は

勢いをなくしてしまうのです。

 

 

むしろ、雑すぎて読めないくらいがちょうどいいです。

 

 

ステップ②

5分で描く

f:id:housei2023:20170518102341p:plain

 

 

5分だとおそらく、初めてだと描ききれないと思います。

 

 

それでもかまいません。

 

 

繰り返していけばスピードは上がり、

思い通りの線が描けるようになるのです。

 

 

 

しかし、このまま、放っておくとあなたは、

下書きにいつまでも時間をかけて、

 

肝心の「線画」が、

全くできない人になってしまいます。

f:id:housei2023:20170404191415j:plain

 

 

 

そんな状態、避けたいですよね??

 

 

『避けたいです!』

 

という方は、今すぐ行動を起こしてください!

 

 

やる気が出なくて、あとでやろうと思ってしまうのは人間、

仕方のないことだと思います。

 

 

しかし、せめて時間を決めるなり、

行動を起こすのなら、できることはたくさんあると思います。

 

 

ここでやるか、やらないかは

本当に、あなた次第です。

f:id:housei2023:20170412162849j:plain

 

 

===========================

 

 

最近、ライン@を始めました!

 

 

ここでも、様々な方法をご紹介していきますので

追加よろしくお願いします!!

 

ライン@はこちらから↓

 

f:id:housei2023:20170430201307j:plain

 

 

今、ホットな記事↓↓

http://housei2023.hatenablog.com/entry/2017/03/17/134242

 

 

それではまた。

 

 

ホセ。